Now Loading...
存在そのものに価値がある。
2021.3.6

 

昨日はママカクでのライブ配信でした。

30分の予定なのですが、

いつも話しすぎて1時間くらい経ってる・・・

 

昨日もふかーいふかい話をしました。

「私は愛されていない」

「私は大切にされていない」

「私の気持ちは分かってもらえない」

こんな思い込みがあると、

自分からどんどん

人間関係をこじらせていってしまう。

 

自ら破壊しなくていい。

大丈夫だから。

 

 

ドン底にいるときに出てくる答えって

ほぼほぼ不安がベースにある。

だから、焦って決めずに、

状態が良いときを待てることも大事。

 

放っておけば、

必ず良くなる。

良い方向に進んでいく。

落ちるところまで落ちれば、

あとは上がる。

 

もがきたくなるけれど、

もがいてもいいけれど、

流れの途中にあるということを

意識できるといいですね。

 

 

 

 

長期講座Facebookグループの投稿を

ご紹介させてください。

 

 

***ここから***

 

長期講座ももちろん最高なのだけど、

かなちゃんの個人セッションで1時間、

自分だけのことをかなちゃんと話すと、

自分の無意識の中の

自己否定に気づかせてもらえて、

いつもはっとする。

 

 

そして、その自己否定って

すごく根底の太い部分だったりするから、

すぐにはほどけないんだけど、

じわじわほどけて

私どんどん幸せになっていける、

なっていってるって思うんだ。

 

 

 

私、長期講座受ける前まで、

母との関係を改善しないと

◯◯としてこれからやっていけない

(=母との関係に悩んでる◯◯ってかっこわるい)

って、思ってた。

 

でも、講座の中でかなちゃんが

「実家に帰ると心ゆさぶられることが多い」

というような話をしていて、

「母との関係に悩んだらいけない」って

自分で自分を否定していたんだなぁ、と思った。

 

だけど、確実に前より

良い関係になってる部分もあって、

母に電話をして、ふと、

かけた相手間違えたかも?って思うほど、

母の声って

こんなに優しい声なんだって

驚いた自分がいた。

 

なんでそんなこと言うだんろう?と思う

母の発言はあるけど、

基本的に愛が深い人間なので、

その中に愛をみつけて、

あとは手放す。

 

だって、私は

母の人生を生きてるわけじゃないもんね。

私は私自身の人生を生きるんだ。

 

これもかなちゃんや

長期講座のみんなが気づかせてくれた。

ありがとう。

気づけた自分もグッジョブ。

 

 

「資格がない自分は価値がきっとない。」

これもかなちゃんの個人セッションを受けて

気づいた自己否定。

 

誰かにそう言われたわけじゃないのに、

自分で自分を否定していた。

 

お客さんに優しい言葉をかけなければ、

笑顔にして帰してあげなければ、

幸せにしてあげなければ、

苦しさから救ってあげなければって思いながら、

接していたつもりだったけど、

かなちゃんに

「◯◯ちゃんの存在そのものに

癒されてるんじゃない?

そんなに頑張らなくても、

◯◯ちゃんの存在自体に

価値があると考えてみたら?」

と言われて、涙が出たよ。

嬉しかった。

 

 

そういえば、中高時代、

何人かの同級生に

「◯◯ちゃんみたいな人間になりたい」って

言われた記憶が蘇ったの。

 

「なんでだろう?

私もけっこう悩んでるのに。

生ってなんなんだろう、

自分の価値ってなんなんだろう、

生きる意味って何だろう」

ってなかなか悩んでいた思春期だったから、

当時はそれを言われて

嬉しいという感情より

「ノーテンキ」って思われたのかな?と

否定されてるような

気になった記憶があったんだけど、

今は、

存在そのものを肯定してもらえたんだな、

と思える。素直に嬉しいなぁ。

 

 

もう1つ。

個人セッションの翌日、

自分でも

すごいタイミングだなって思ったんだけど、

実際に

「みんな◯◯ちゃんに会いたくて来るんだから

大丈夫だよ」って言ってくれたの。

 

かなちゃんが言ってくれてたことの

答え合せのような

自分の存在自体を

肯定してくれた言葉が嬉しかった。

 

 

まだまだ、

自分で自分のこと否定してるなぁ。

 

ありのままの自分を

受け入れられてるって思っていたけど、

まだまだだった。

 

 

ママカクでも、

自己肯定できていても、

自己受容できていない人が多いって

かなちゃんが言ってた。

まさにそれだ。

 

でも、そんな自分も花丸。

それに気づけた自分に花丸。

変わると決めて変わっていってる自分に花丸。

 

 

かなちゃんとみんなのことが

大好きだよー。

いつもみんなの幸せを願ってるよー。

 

***ここまで***

 

 

ほんと、自分が自分のことを

いつも否定している。

 

人は、存在そのものに価値があるのにね。

他人に対しては、そう思えても、

自分に対してはなかなかそうは思えなくて・・・

ついつい

「役に立たなければ」

「人に迷惑を掛けてはいけない」

「何かを与えなければ」

なんて思ってしまう。

 

存在そのものが

「世の中のお荷物」だと思っていて

何か世のため人のために

提供することができているという実感がないと

生きている価値がないのではないか、と

考えてしまうんですよね。

 

 

Radiotalkで

以前お話させていただいた気もしますが

(ママカクライブ配信だったかな?)

自分の価値が

「マイナス」スタートなんですよね。

「マイナス」だから、

人の役に立つことができて、

やっと、ゼロベース。

 

もっともっとがんばって、

もっともっと役に立って、

やっと、プラス。

 

何か失敗したり、

誰かに迷惑を掛けたりしたら、

マイナスからのさらにマイナス。

そうなるともう、

心が耐えられない。

 

 

私たちは

生きているだけでプラス。

人の役に立っているし、

存在そのものが尊い。

(同時に生きているだけで

迷惑も掛けていて、

それが当たり前)

 

 

そして、

もっともっと役に立ちたいと

思うのであれば、

やるべきことは

「本来」であること。

 

「私が本来を生きている状態」が

結局1番、

世の中のためになる。

 

 

ということは、

自分の「好き」「嫌い」を

ちゃんと分かっていないといけないし、

自分の「やりたいこと」

ちゃんとやらせてあげなきゃいけないし、

自分の「やりたくないこと」

やめさせてあげる努力しなきゃいけない。

 

 

ここを「がんばる」のです。

苦しいことをがんばるのではない。

好きなことを、やりたいことを、

めちゃくちゃがんばる。

(勇気が必要だよね〜)

 

 

私は今日も、

自分の心の状態を

ちゃんと見てあげます。

 

あなたもぜひ。

 

 

 

今日もすてきな1日を。

 

 

 

 

福田花奈絵

  • 無料で受け取る!
    公式LINEアカウント
    今日に役立つメッセージやこころを知るヒントを配信しています。イベント開催の先行案内もこちらでお受け取りいただけます。
  • お家で参加できる!
    オンラインサロン
    幸せママのためのコミュニティ。幸せママのための、輪を繋げて広がる場所を準備中です!