Now Loading...
愛される自分になるための努力をやめよう。
2021.3.31

 

つくづく、

不安がベースにある行動は

しないほうが良いなあと思います。

 

不安で埋めると、

結局不安が大きくなる。

 

いつまで経っても

心が満たされない。

「足りない」「もっと」に

心が支配されていく。

 

結果、

いつも、いつも、

ずっと、ずっと、

不安。

 

 

やっぱり、ただただ、

自分を愛することが大切だなあ。

愛を与え続けることが必要なんだなあ。

 

そんなことを感じています。

 

 

先日はちょこっと

スペプロ生のZOOM会に参加。

楽しかった!!

そして、

みんなが楽しそうで幸せ。

私にとっても

すごくすごく安心できる居場所ができた。

早くみんなで会いたいな!

 

 

 

長期講座Facebookグループの投稿を

ご紹介させてください。

 

***ここから***

 

母がいつも弟を可愛がってた気がしてて、

同じことをしても私は責められ

母と喧嘩になるけど、

弟がするとあっさり受け入れられて

悔しい思いをしたり。

 

私は父に似てて、

性格もなかなか短気だと思うし、

いじわるだし、

母のこともすごく困らせてきたから、

母が素直な弟を

かわいい〜って思う気持ちも

すごくわかって。

 

以前母の実家の墓参りに行くとき

私になんも相談せず、

弟と親戚と話を進めてて、

私に連絡きたのは前々日で。

 

行けないと思って声かけなかった、って

言われたけど、

ホント許せなくて。

私だけ話してもらえてなかった悲しみと、

でもいい歳して

まだ嫉妬してるのかって

自分を気持ち悪く思って

責めてたなぁ。

 

 

そんで今

アウトプットするに至った出来事が

ここからなんだけど、

親戚にお祝い送ることで、

弟と母は相談して先に送っちゃってて、

また私の知らないところで

話が進んでて。

がーーーーん置いてかれた。

一声かけてくれてもいいよね?!と一瞬思うも、

いやもっと早く声かけなかった私が悪いか。

って思ったけど、

心はもやもやざわざわ。

 

母に一言言ってくれれば〜って言ったら、

母がすぐ弟に連絡したみたいで、

弟から相談せずにごめんね、って

連絡あって

裏で言われてることにも腹が立つし、

なんで近くにいる私にも

声かけてくれないんだー!って

悲しくなってきた。

母は私に連絡するの忘れちゃったんだって。

そんな訳ないでしょと

また捻くれて苦しくなって、

たまたまだよ、

って受け入れられないのは

なんでだろう。

 

 

講座2日目の時、

『1番』って口に出しただけで

涙が溢れて、

ずーっと1番になりたくて、

1番に言ってほしい、

1番に見てほしい、

1番に愛してほしいってのが

強いんだなぁ〜と。

 

これ全部証拠あつめかな。

まだまだ根深いなぁ。

こんなとき悲しかった感情感じてあげて、

母に伝えてみてもいいのかな。

 

わざわざ嫌なこと

言いそうになってしまうけど、

愛ベース愛ベース。

忘れずにだね

人のせいにしそうになる自分もいやだよぉ。

 

どうせ私は忘れられるって

思い込みもまだありそう。

ただね、

なんか書き初めは苦しかったけど、

ここまで書いたらすっきりしてきたよ!

いつも嫌われる行動ばかりしていたのは

私だったのに、

それでも母は見捨てなかったし、

大好きだよって言われたこともあったけど、

そんな訳ないって受け入れなかったのは

私だった。

 

また、

ひとりで捻くれて

勝手にひとりになろうとして、

わざわざ嫌われるような行動しようとして

自分を守ろうとしてる。

 

違った違った〜

愛されていた証拠集めを

していかないとだね。

愛されていた証拠だって

たくさんあるはずだー!

そしたら今回のことは

たまたまだよって思えるかな。

 

***ここまで***

 

人からの愛情を

求め続けている限り

たぶん、人は、苦しい。

 

だって、

あなたの望む形で、

あなたの望む大きさで、

あなたの望む深さで、

あなたの望む時間、

あなたにしっかりと伝わるように、

ひたすらに

愛を与え続けてくれる人なんて、

たぶんいないから。

 

 

いや、たぶん、

そういう人がいたとしても、

良い関係性を築いていくことは

難しいんじゃないかな。

 

だって、あなたは

「受け取れない」から。

「受け取らない」から。

 

その人が、

どれだけあなたに愛を与えても、

分かりやすく与え続けても、

あなたは、きっと、

「もっと欲しい」

「もっとくれなきゃ安心できない」と

思うだろうし、

「ほんとうに?」「その愛はほんもの?」と

疑い始める。

 

相手の立場で考えると・・・

愛している人に

自分の愛を

受け取ってもらえないこと、

そして疑われ続けることは、

普通、苦しい。

その状況に、

耐えられなくなってしまう人が

ほとんどなんじゃないかと思う。

 

 

 

↑上記の文章は

分かりやすく大げさに書いたけれど、

(投稿内容をヒントにして書いただけで、

投稿してくれたメンバーが

こうだというわけでもありません)

これを薄めた感じの関係性は

至るところにあると思うのです。

 

 

「そこに愛があるとするのならば」

という見方ができること、

すごく大切だと思います。

 

そして、それ以上に大切なのは、

「してほしかったことを

いまからでも、自分が自分に、

しつこいくらいしてあげること」

なのだと思います。

 

 

「誰かにしてほしい」

という気持ちは、

ものすごくよく分かる。

でも、それを人に求めても、

苦しいままのような気がするのです。

 

諦めるのです。

良い意味で。

 

もうあなたは

自分のことを自分で幸せにする力を

ちゃんと持っている。

大人だもの。

 

自分を喜ばせてあげること、

自分を幸せにしてあげること、

やろうと思えばできる。

何かや誰か「だけ」に

過度に依存しなくてもできる。

 

やってあげよう。

それを、これからは、がんばる。

 

「人から愛される自分」になるために

がんばるのではなくて、

「自分を愛すること」

「自分を満たすこと」が

自然にできるような自分になるために、

がんばる。

 

 

「自然にできるようになる」ためには、

まず「意識してやる」。

 

大丈夫。

あなたは、いろいろなものに、人に、

少しずつ、バランス良く依存しながら、

幸せに生きることができる人になれるよ。

 

少しずつで良い。

すぐにできるようにならなくても良い。

「マイペース」で歩んでいくことが、

結局1番の近道だから。

大丈夫!

 

 

 

 

今日もすてきな1日を。

 

 

 

 

福田花奈絵

  • 無料で受け取る!
    公式LINEアカウント
    今日に役立つメッセージやこころを知るヒントを配信しています。イベント開催の先行案内もこちらでお受け取りいただけます。
  • お家で参加できる!
    オンラインサロン
    幸せママのためのコミュニティ。幸せママのための、輪を繋げて広がる場所を準備中です!